2013年6月30日日曜日

ポール・シーリィ博士 二度目の来日

懇親会でのポール・シーリィ博士と塚原美樹の写真
懇親会でのポール・シーリィ博士と塚原美樹

フォトリーディング開発者のポール・シーリィ博士が日本にいらっしゃいました。二度目の来日です。

今回は新コンテンツである講師、ファシリテーターのための学び方を学ぶ方法を学ぶ講座「アクセラメンツ」を教えていただきました。


今回、まる一週間、ポール・シーリィと一緒に過ごしてみて、ますます彼のファンになりました。
ポール・シーリィの一番の魅力は一言で表すと、「自然体」ということだと思います。

アメリカ人の講演者の中には、受講者のモチベーションを上げるために、煽るようなパフォーマンスをなさる方もいるかと思いますが、ポール・シーリィはまったくそういうタイプではありません。肩の力が抜けていて、常に普通の状態、という印象なのです。

おかげで受講者も肩の力を抜き、リラックスすることができます。
リラックスしているのですが、学びは必ず起きます。
楽しみ、おもしろがり、幼稚園の子どものように学ぶのです。

フォトリーディング講座にご参加なさった方々は、みなさん、「あっという間だった」とか、「面白かった」などと言ってくださいます。

彼の講座づくりの底辺にある人間の能力を信じ、自然に能力が発揮できるような方法を取る、という考え方にその秘密があるのだろうと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿